朝の習慣

ヨーグルトを健康維持のために毎朝食べている人も多いでしょう。また、和風の朝食を食べている人は、納豆ごはんとみそ汁という人もいるでしょう。いずれも乳酸菌がいっぱい含まれており、腸だけではなく体調維持に優れた効果をもたらします。乳酸菌のすべてが体にいいとは限りませんが、発酵性食品に含まれている乳酸菌はヒトの味方です。
乳酸菌は、続けて摂取しないと意味がありません。乳酸菌自体が腸の健康維持をするのではなく、善玉菌と呼ばれる腸内の環境維持をしてくれる菌の働きを助けてくれるものだからです。乳酸菌の効果は長く続きません。善玉菌と逆の効果がある悪玉菌が腸内の環境を乱そうと繁殖しているためです。善玉菌より悪玉菌のほうが優勢であることが多いのです。
そのため、乳酸菌を定期的に摂取する必要があるのですが、一番いいタイミングが朝ごはんなのです。朝ごはんを食べる習慣がない人もいるでしょうが、これを機会に朝ごはんを食べる習慣をつけてはいかがでしょうか。朝ごはんを食べることで、体内にブドウ糖が行き渡り、脳の働きが活発になります。学生さんもサラリーマンの方も朝からすっきりすることができます。
朝ごはんをしっかり食べると、お通じもよくなります。便秘気味の方は、この習慣をつけるだけで朝からすっきりとすることができます。最近は便秘対策として食物繊維のサプリメントが売り出されていますが、案外消化器に負担をかけていることが多いです。昔、食物繊維を取れるからとドックフードを食べていた女性が急な腹痛に救急車を呼んだという笑い話があります。
それよりもヨーグルトを毎朝食べて、乳酸菌もブドウ糖も体内に吸収することであらゆる意味で快適な一日をスタートさせることができます。

http://www.cheapnfljer.info/