医療脱毛の仕組みについて教えてください。

“医療脱毛とスタンダードなのはレーザー脱毛です。レーザー光を皮膚に照射して毛根に直接ダメージを与えて脱毛することがレーザー脱毛の仕組みです。レーザー光が黒色に吸収される特性を利用した方法です。レーザー光は毛根のメラニン色素に反応します。レーザー光は皮膚表面から5mm程度しか届かないので、血管や内臓を傷つけることはありません。皮膚表面を傷つけることもないのでカミソリ負けもすることがありません。また、毛穴の黒ずみやくすみを分解する美白効果もあります。毛穴や皮膚自体も引き締める効果があるのでレーザー脱毛終了後はスベスベになります。このことから、自己処理を繰り返してできた黒ずみや目立った毛穴もキレイにすることが出来ます。
医療脱毛のレーザー脱毛は一回レーザー光を当てるだけでは効果が現れることはありません。レーザー光は成長期の毛根にしか反応しません。成長期の毛根は全体の15%?20%ほどだけです。毛には毛周期があり「成長期」「退行期」「休止期」を繰り返します。レーザー脱毛はこの毛周期に合わせて施術を行っていきます。毛周期は2カ月なので、2ヶ月に一回のペースで施術を行います。回数を重ねるうちに生えてくる毛が減っていきます。個人差はありますが6回ほどで自己処理の回数は激減します。医療脱毛なのでレーザー光の出力は高く設定できます。その為、エステで行う脱毛の3分の1程度の回数で終わります。毛の再生組織が破壊されるので、一度生えてこなくなった毛根からはほぼ毛は生えてこなくなります。

脇脱毛

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です