おまとめローンをした人はどうなるの?

おまとめローンを申し込む人にはいろいろな人がいますが、その中にはあえておまとめローンを使うことなく完済ができてしまう人もいます。そのような人は債務残高も少ないことから、無理せずに完済ができてしまうことが多いです。しかし、問題は総量規制のレベルを超えそうになるほどの債務がある人です。総量規制は年収の3分の1が貸し付けのリミットということですから、かなりの金額だと言えます。
おまとめローンは、借りた人にとって救いの神でもあり、地獄でもあります。今までいくつもの消費者金融やカード会社の請求に悩まされていた人が、請求が一本化されて利率も少し低くなり、完済までのロードマップも明示されるのです。しかし、その反面支払総額が必ずしも減るわけではなく、新しい借入も制限されます。つまり、いままでお金にルーズだった人が自分の生活環境などをすべて変える必要が出てくるのです。
人間の生活環境は簡単に変えられるものではありません。今まで飲み会があれば喜んでついていった人が、ある日突然給料日前の飲み会に来なくなってしまうわけです。おまとめローンを始めたということは他人にはなかなか言いにくいものであり、もし事情を友達に説明したとしても、単に付き合いが悪くなってしまうだけです。自分の借金が原因であると分かっていてもずいぶんと苦しいことは間違いありません。
このような「地獄」の部分を乗り越えることができた人は、めでたく完済できます。金額にもよりますが、2年以下で完済できてしまうことが多いようです。これに対し、途中で挫折する人の多くは、完済できないまま支払不能になります。ブラックリストに載ってしまうので、追加の借入もできなくなります。多くの場合、自己破産等の法的整理を強いられることになるのです。
リボ払い 利息

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です